スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

スウォーズマン  笑傲江湖

僕が香港映画にハマったきっかけであり、今だに最も好きな香港映画の位置を占め続けてるのが『スウォーズマン 女神伝説の章』なんですが、そのテレビドラマ版が日本でビデオ発売されました。映画ではないんですけど、これはもう紹介するしかないなと言うことで『スウォーズマン  笑傲江湖』です。

明の時代。魔教と呼ばれる日月神教の総本山では行方不明となった教主の娘・任盈盈(アニタ・ユン)を"聖女"とし、教主の右腕であった向問天(チョイ・シウキョン)が後見人となる儀式が執り行われようとしていた。その時、教団の重鎮である曲洋(デビッド・チャン)が突如として反逆。阻止しようとする向問天を倒した曲洋は幼い任盈盈を連れ去ってしまう……と言う感じで、ストーリーが始まります。

剣客・豪傑・達人が入り乱れるバリバリの武侠活劇です。これDVD4巻組になってまして、この第1集では、成長した任盈盈と日月神教の実権を巡って、曲洋、向問天、そして、任盈盈の叔父でありながら、女性化し最強の技を修めたた妖人・東方不敗(リウ・シュエホァ)の戦いが、中心になります。本編の主人公である華山派の剣士・冷狐中(リッチー・レン)の本格的な活躍は第2集以降という感じですね。

そもそも、この作品の原作である『笑傲江湖』は武侠小説の大家である金庸の作で、何度も映像化されてます。主人公の冷狐中は自由奔放で飄々とした剣の達人で、これまでもチョウ・ユンファ、サミュエル・ホイ、ジェット・リーらスーパースターによって演じられてきましたが、今作のリッチー・レンが一番、飄々とした感じは出てて、僕はハマり役だと思います。それから、映画版でブリジット・リンが演じて香港では社会現象にまでなった東方不敗なんですが、今作の東方不敗は完全に原作ではなく映画版のキャラクターになってます。

撮影がフィルムではなくビデオなんで映像的に安っぽく見えるとこがあったり、ストーリーが入り乱れすぎてる気はしますけど、やっぱりワイヤーアクションとかは見応えあります。ともかくファンとしては続きが見たいです。


DATA-----------------------------------------------
スウォーズマン  笑傲江湖 (2002/香港・台湾)
監督:レイモンド・リー
原作:金庸
出演:アニタ・ユン、リッチー・レン、リウ・シュエホァ
   デビッド・チャン、チョイ・シウキョン 他
----------------------------------------------------

JUGEMテーマ:海外ドラマ
続きを読む >>

at 00:00, Zhi-Ze(ジーズ), テレビドラマ

comments(0), trackbacks(0), - -