<< キック・アス | main | チョコレート・ソルジャー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

300 <スリー・ハンドレッド>

JUGEMテーマ:映画


脳筋男300人とクリーチャー集団100万人の大激突!

劇場公開当時、テレビで『300』の予告編を目にした時の僕の感想は、「なんだ?この暑苦しそうな映画は……」だったんですが、それから数年経って、ようやく『300』本編を見ました。

紀元前480年のギリシアを舞台に、100万の軍勢で侵略してきたペルシア軍を迎え撃つレオニダス王(ジェラルド・バトラー)率いる300人のスパルタ軍の活躍を描いた映画です。

この映画で描かれているのは、テルモピュライの戦いという史実です。ペルシア戦争の中で行われた有名な戦いの一つですが、マラトンの戦いやサラミスの海戦に比べると、教科書的には扱いが小さいですが、100万の軍勢を300人で迎え撃つという有り得ないシチュエーションなわけですが、これが当時の歴史書に記述された史実だというから驚きです。

ただ、この映画は歴史映画というより、フランク・ミラー原作のコミックを映画化した作品という捉え方の方が適切だと思います。劇中で多用されるストップモーションとスローモーションを組み合わせて緩急をつけた戦闘シーンの演出は、コミックのコマからコマへの展開を表現を思わせる効果的な演出です。陰影のハッキリした映像も良いですね。ほぼ全編をスタジオセットとCGの組み合わせで描いていて、非常に人工的な画面になっているのも、その意味では成功していると思います。

歴史映画として見てしまうと、『ロード・オブ・ザ・リング』にでも出てきそうなペルシア軍のデザインはちょっとキツイです。まあ、これはイラン政府がクレーム入れたのも仕方ないでしょうね。軍用のサイっていたんですかね?

話そのものは、正直、微妙です。せむしの男の扱いが結果的に敗因に結びつき、ペルシア王・クセルクセスと対面した際に殺してしまえば勝てたんじゃね?みたいな無策ぶり連発のレオニダスを含むスパルタ軍の脳筋ぶりにはちょっと乗りきれなかったです。そこに乗れれば、結構、楽しい映画だと思います。


DATA-----------------------------------------------
300<スリーハンドレッド>(2007/アメリカ)
監督:ザック・スナイダー
原作:フランク・ミラー、リン・ヴァーリー
脚本:ザック・スナイダー、マイケル・B・ゴードン
   カート・ジョンスタッド
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ
   デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト
   マイケル・ファスベンダー、ヴィンセント・リーガン
   トム・ウィズダム、アンドリュー・プレヴィン
   アンドリュー・ティアナン、ロドリゴ・サントロ
   マリー=ジュリー・リヴェス、スティーヴン・マクハティ
   タイロン・ベンスキン、ピーター・メンサー 他
---------------------------------------------------

at 12:52, Zhi-Ze(ジーズ), サ行

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 12:52, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://ginmakuroman2.jugem.jp/trackback/268