<< チョコレート・ソルジャー | main | シムソンズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

イップ・マン 序章

 
JUGEMテーマ:映画

久々に観た正調カンフー映画! ドニー・イェン、最高!

僕が子供の頃には、テレビでもジャキー・チェンの主演作を初めとするカンフー映画がたくさん放送されてて、それを楽しみに観てました。最近はそういう機会も減り、ちょっとカンフー映画が不足だったのですが、久々に正調のカンフー映画を観ました。『イップ・マン 序章』です。

武術が盛んな町・佛山で妻子と平和に暮らす詠春拳の達人・葉問(ドニー・イェン)。やがて日中戦争が勃発、そして、佛山も日本軍の占領下におかれ、家や財産も失った葉問は日本軍へ武術を教えるよう命令されるが、それを拒否したことで、日本軍に追われることとなる……というのがストーリーです。

とにかく、ドニー・イェンのカンフーアクションが素晴らしい。まあ、ドニー・イェンですから、当然といえば当然なんですが、それでもメチャメチャ格好良い。メイキングによるとドニー・イェンは詠春拳を未経験だったそうですが、猛練習して体得したとのこと。正直、そもそも詠春拳の形が分からないんで、そこは何とも言えないですが、とにかく葉問役に違和感はないです。

実はこの作品には続編があるんですが、日本公開は続編の方が先でした。この作品が公開されなかった理由は、おそらくストーリー全体に溢れる反日テイストでしょう。まあ、歴史ですから。それはそれで仕方ないと割り切って楽しみましょう。初期のカンフー映画では敵役が日本軍という作品も珍しくなかったわけで、そこも含めて正調のカンフー映画ということで。

それにラスボスとして登場する池内博之扮する日本軍将校は、悪役では有りますけど、矜持を持った悪役として描かれていて、それなりにカッコイイ悪役になってると思います。そこは日本への配慮かも知れません。池内博之もアクションはスタント使ってるでしょうが、頑張ってると思います。

アクションだけでなく、歴史的なドラマの部分も含めて、見応えのある作品だと思います。日本では先に劇場公開された続編の方も観たいと思います。ブルース・リーの少年時代も登場するらしいので、楽しみです!


DATA-----------------------------------------------
イップ・マン 序章(2008/香港)
監督:ウィルソン・イップ
脚本:エドモンド・ウォン
出演:ドニー・イェン、サイモン・ヤム
   池内博之、リン・ホン、ゴードン・ラム
   ルイス・ファン、シン・ユー、デニス・トー
   渋谷天馬 他
---------------------------------------------------

at 13:00, Zhi-Ze(ジーズ), ア行

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 13:00, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://ginmakuroman2.jugem.jp/trackback/270